広告



QOL向上

【いつが買い時?】ドラム式洗濯機を安く買える時期と買う際の注意点について解説!

2021年8月29日

どうも、さんぱっちです。

悩める女性

ドラム式洗濯機欲しいけど安く買いたい!

悩める男性

いつ買えばお得なの?

あなたはこんな悩みや疑問を抱えていませんか?

昨今では「QOLを上げるにはドラム式洗濯機!」とそこかしこでインフルエンサーが謳っていますが、ドラム式洗濯機って高いからなかなか腰が上がらないですよね。その気持ち分かります。

そんな中でもなんとかドラム式洗濯機を安く入手できないかと考え、いつが安いかなと色々調べてみた結果……

さんぱっち

……今(8月下旬)じゃん。

ということで一週間ほど前に購入をしてしまいました!

そうなんです、いつ買えばお得なのか結論だけ先に申し上げますと、今の時期(8~9月)が一番安いという結果になったんですね。

なぜ今が安いのか?その理由を解説しつつ、直近で購入した私が安い時期に買う際の注意点について、あわせてお届けいたしますので是非最後までお読みください!

買う時期について

ドラム式洗濯機をお得に買いたい!

そんなあなたにおススメな買い時が7月~9月の間になります。

妻ちゃん

なんで7月~9月なの?

疑問を解決るためにまずこちらの表をご確認ください。

出典:小売物価統計調査による価格推移

この表はドラム式洗濯機の平均価格の推移をデータ化してまとめてくれたものです。

10月に平均価格が跳ね上がり翌年の9月にかけてだんだんと値段が下がって行っているのがご理解いただけますよね。

これが何故なのかというとドラム式洗濯機は毎年10~11月に新製品が発売されるからなんですね。

ということはメーカーとしては9月までには既存品は売り切ってしまいたいと考えるわけです。

こうなると9月に平均価格が底をつく理由に関しても合点がいきますよね。

妻ちゃん

でも直近の2019年と2020年は8月が一番安いよ?

こう思った方はなかなか鋭いですね!

これはあくまで私の個人的見解なのですが、昨今のドラム式洗濯機の人気に伴い低~中価格帯のモデルが7~8月でなくなってしまうのが原因なのではないかと思います。

9月に残っているものがもともと高価格帯のものばかりになってしまうため、8月の方が平均価格が下がっているのではないかなと。

これだけ覚えて!

ドラム式洗濯機は10月から新製品が出るためその直前が一番お買い得!

私が購入したものと価格推移

私が購入したものは日立の「ヒートリサイクル 風アイロン ビッグドラム BD-SX110F」という製品です。

なぜこの製品を選んだのかというと価格と口コミ評価のバランスが良かったから。それだけですね。

正直なところ初ドラム式洗濯機なら良し悪しなんて分からないじゃないですか。使って比べたことがある人なんてほぼいないでしょう。

ただ一つ言えることは新しい洗濯機に変える時点で満足度が上がることはほぼ間違いないということです。

どうせ細かいところは分からない&満足度は上がるのですから、どれでもいいかなと思いつつも、しっかり口コミを読んだうえで先人たちを信じることにしました(笑)

私が購入したこちらの製品、ネットでの価格推移はこんな感じ。

出典:価格.com

7月以降に大きく上下しているはボーナスのタイミングだからでしょうかね。

まぁ概ねドラム式洗濯機の平均価格推移と似たような結果にはなっています。

買う際の注意点

最安値を狙いすぎると在庫がなくなる

どうせなら最安値で買いたいからもう少し様子を見よう……

こんな風に最安値を狙い続けていると在庫がなくなるリスクが高いです!

洗濯機は7月くらいからメーカーが売り切り御免の体勢となり再生産をしなくなるため、9月まで待っていると買おうと狙っていた型が手に入らなく可能性が出てきます。

特に家電量販店で買いたいと思っている方は割当数量というものが限られているケースも多いため、より「良いな」と思った段階で買ってしまわないと手に入らなくなる可能性が高いので要注意です。

私が洗濯機を買った家電量販店では、東芝の「ZABOON」というちょっとオシャレなヤツが下見の段階ではあったのですが、買いに行った日にはなくなっていましたのでね。

右開きは更に早くなくなる

今はドラム式洗濯機でも右開き、左開きが選べるようになっているんです!

自分が住んでいる家の間取りによっては右開きか左開きかで快適さがだいぶ変わってくることはご理解いただけますよね。

出典:HITACHI公式

通常洗濯機というのは上図のように左開きになっております。

右開きというのは特殊なものになりますので生産数が少ないんですね。

しかし我が家の洗濯機置き場はこのようになっています。

ここに左開きの洗濯機を置くと、洗濯物が非常に入れづらくなってしまいますよね。

なので洗濯機置き場の向かって右手側に壁があるお家の場合は、右開きの洗濯機を選んだ方がQOLが上がるということになりますね。

意外と量販店の方が安い

妻ちゃん

この間お店で見たヤツよりネットの最安値だと1万円くらい安いよ~!

相場チェッカー初心者の方はこのように思い、ネットで購入した方が安いのでは?なんて考えることもあるかもしれません。

ただしこれ、よくよく考えてみるとそんなことないことが多々あります。その理由がこちら。

注意ポイント

  • 送料、設置料が高い
  • 家電量販店はだいたい表示価格より値引きしてくる
  • ポイントがつかない

悩める男性

価格ドットコムの最安値店舗で買おう!

このように思った方はまず送料や設置料がいくらか見て見ましょう。

さんぱっち

あれ、量販店の方が3千円くらい安い?

こんな風に思うケースが意外とあります。

そしていざ家電量販店で買うかなとなって洗濯機の辺りをプラついているとそのうち店員が駆け寄ってきます。

「いや~買おうかなぁと思ってるんですけどね、どうしようかなー」

とかやっているとだいたいすんなり5,000円くらいは値引いてくれます。(もうちょっと粘ればもう少し引いてくれるのかもしれませんが)

更に量販店なら「1万ポイント進呈!」とかやっているので、最終的には表示価格より実質1~2万円程度安い=ネットより安いみたいなことが普通に起こり得るんですね。

ちなみに

悩める女性

ポイントいらないからもっと安くして欲しい

こんな風に交渉をすると本来1万ポイントをもらえるところ

店員さん

じゃあ1万円分全部は厳しいから7千円分までなら値引きします……!

みたいなことを言われて、最終的には得する金額が少なくなる可能性があります。

ポイントはポイントでそのままもらって、値引きは値引きで考えておいた方が得ですよ。

おまけ:買う前にお家に搬入できるか計測!

ドラム式洗濯機はファミリー物件だとしても、搬入ができないケースが多々あります。

我が家の間取りは2LDK。築年数は20年は行かないくらいのそれなりのファミリー物件の1階です。

ドラム式洗濯機が普及するか否かに完成した物件だと、搬入ができないケースがあるんですね。

こんな感じのドアだと取っ手に洗濯機がつっかえてしまい、ドアを外さないと搬入できませんなどというケースも発生するようです。

我が家はちょっと怪しかったので、外の窓から搬入しました。2階だったらどうなってたんだろうか……笑

無事に搬入ができてもまだ安心はできません。今度は脱衣所に入るかどうかの問題も発生します。

ドラム式洗濯機は縦型洗濯機と比べて10~15cmくらい本体の奥行きがあるため、狭い脱衣所だと搬入が出来なくなる可能性があるんですね。

我が家はこんな感じでした。もともと洗濯機パン(置く台)のサイズは計っていたので問題ないだろうと思っていたのですが、かなりギリギリでした。

購入前には搬入ルートの計測、脱衣所にちゃんと入れられるかどうかもしっかりと確認しておいた方が絶対に良いです。

特にネットで購入する場合、家電屋で買うより入らなかった時の対応に苦労しそうなので、ご自身でしっかり調べてから買うようにしましょう。

まとめ 買い時を意識しつつしっかり準備してから買おう

いかがでしたでしょうか?

洗濯機を安く購入したいあなたにとって、一つでもお役に立てる情報が含まれていると嬉しいです。

私はつい先日、たまたま立ち寄った家電屋で何となく「ドラム式洗濯機をそろそろ買っちゃおうかなぁ」などと思い急いで相場を調べた結果、

さんぱっち

え、今じゃん!

となって慌てて購入をしたクチですが、右開きが全然なくて焦り、搬入の時にも入るか微妙で冷や汗をかくという状況になりました(笑)

このように見比べてみると圧迫感がだいぶ変わってくる=サイズが全然違うことはご理解いただけることと思います。

この記事を読んで「買っちゃおうかなぁ」と思った方は、事前にしっかりと搬入経路が確保できるかしっかり調べてから買いましょう……!

広告



-QOL向上
-,

© 2022 さんぱちメモ