広告



お金の話

楽天経済圏に移行していく話①

2020年11月22日

どうも、さんぱっちです。

支出を減らして賢く倹約を、ということを考えあれこれと調べていくと様々な場所で話にあがってくる楽天経済圏。

あちこちでお得お得と謳われているようですが、そんなにお得なんですかね……。

というのも私はポイントを気にしたりするのが面倒くさいという性質なうえに、あまり通販を使わない(そもそも買い物をしない)ので、楽天の何が凄いのかよく分からないんですよね。

かろうじて楽天市場のアカウントは持っていて年に一回か二回くらいは利用しますが……所詮その程度です。

せっかくだしもうちょっと色々調べてみようとマイナスワードでも検索してみたところ、サポートが悪いとか急に使えなくなったとか結構嫌な気分になりそうな側面もあったので、若干の不安要素もあるのかなぁなんて思いました。

結局のところ楽天経済圏は本当に良いのか、悪いのか。

こればかりはやってみないと良し悪しは分からないと判断した私は、多くの先輩方の声を信じて取りあえず無理のない範囲でやってみることにしました。

楽天経済圏の雑な認識

この楽天経済圏とは何なのか。

細かな話は様々な方のブログなどに書かれているので割愛しますが要するに

楽天ポイントの還元率を上げてそのポイントで固定費や必要経費の支払いをやれば良い

ということのようですね。

楽天で買えるようなものは楽天で買いってポイントゲットしましょう、というイメージでしょうか。

さてこの肝心な楽天ポイント、楽天市場で買い物をするときは通常だと100円につき1ポイント付与されるらしいです。

他のTカードとかポンタカードは200円につき1ポイントらしいので、既に楽天の方がお得な感じですかね。

しかもそれだけではなく、楽天ポイントの還元率は楽天カードで支払ったり、毎月行われるイベントのタイミングで買い物をしたりすると更に還元率が2倍、3倍とどんどん増えていくらしいのでその差は開く一方のようです。

そう言えばなんかたまーに最大16倍とかアピールしてやってますよね。

と言うか16倍ってなんだよと思いつつ、本当にそうなんだとしたらメッチャお得。

じゃあせっかくだし、移行ついでにこのお得状態にも出来る限り乗っかってみるかなというスタンスで、簡単にできる下準備からやってみることにしました。

①楽天ゴールドカードを作る

これまで私が楽天市場を利用していた時は、適当に作って持っていたクレジットカードで支払いをしていましたが、楽天経済圏に移住?するつもりならばそれではお話になりません。

やはり楽天カードを作る必要があるなと思った私は早速、楽天経済圏に関して教えてくれる識者のブログへと向かいます。

そこにはこのようなことが書かれていました。

「楽天ゴールドカードを作った方がお得だよ」

なんで普通のカードじゃダメなんだよと思いつつ読み進めていくと、このゴールドカードというものは年会費2200円(税込み)がかかるらしいのですが、その代わりポイントが2倍付与されるものであるということらしいです。

ということは単純計算、年間10万円程度買い物をすれば元が取れる計算ですかね。

何やらふるさと納税でも使えるみたいなので、取りあえず5万くらいは使えそうだということは分かりましたが、普段からお買い物をしない私はこう思いました。

「いやそんな買わねぇかな……」

まぁそれでもこのお得さを体感すれば、普段スーパーなどで買ってるような箱買い商品なんかも楽天で買うかもしれない。

これがきっかけで無駄なものを買ってしまうというより、通販の便利さを体感することができるのかもしれない。

そう思い直した私は勉強代の意味も込めて、取りあえず楽天ゴールドカードの発行手続きを行うことにしました。

1週間程度すると送られてきました、「Rakuten」と書かれたゴールドカードが。

何故だろう、あまりゴールドカード感がないのは……。

②楽天銀行口座を開設する

さてカードを作ったのならば、次は引き落とし口座を設定する必要がありますよね。

普段使いの口座と連携しても良いかなと思ったのですが、楽天銀行口座を開設して楽天カードと連携することで+1倍のポイントが付与されるということなので、ついでだし口座開設もしてみることにしました。

銀行口座の新規開設って手続きが地味に面倒くさいと思いつつ……。

でも別にお金もかからないし一回やればもうおしまいだからと、だるい気持ちを押し殺して開設してみました。

それから2週間ほどで口座が開設のお手紙がきましたので……まず確認するのは手数料ですよね!

先にやれよと思うかもしれませんが、いざ使える状況にならないとあまり真剣に読む気にならないんですよ……。

さぁ気を取り直して、同封されてきた手数料に関する紙を見てみると何やら条件が色々と書いてあります。

だらだら細かく書くと分かりづらくなりそうなので纏めるとこんな感じです。

  • 口座開設から3カ月間は振込、引出ともに月5回までは無料(無料回数を使い切ると220円)
  • それ以降はハッピープログラムにエントリーすれは会員ステージに応じて月何回か無料
  • ハッピープログラムは一瞬でエントリーできる
  • 残高10万、50万、100万、300万(取引回数5回、10回、20回、30回)と増えるごとに無料回数が増えていく

まぁ要するに「ハッピープログラムにエントリーして3カ月の間にある程度使っておくように」という感じですかね。

ちなみにこの無料で5回まで使える3か月間の間に全く使わないと使い勝手がメッチャ悪いので、できれば残高を50万にしておくか10回は取引するかしておきましょう。

下準備完了

楽天ゴールドカードの発行と楽天銀行の開設が無事完了した私。

届いたカードを片手に楽天市場、楽天銀行、楽天カード、楽天ポイント、楽天ペイと片っ端から楽天のアプリをスマホにダウンロードし、それぞれを連携していきます。

やっとのことで連携が完了したのがなんと本日(前日?)、2020年の11月21日です。

タイムリーな更新。

さてどうせだしお得なタイミングで使ってみたいよねということで、イベントはなんかやってるかなぁとわざとらしくトップページを眺めていたところすぐに目に飛び込んできました。

ネット通販をよく使う人は恐らく誰もが意識しているであろう「ブラックフライデー」の文字が。

楽天やamazonを大して使わない私でも知ってますよ、なんかメッチャお得なキャンペーンやってるんでしょう?これはおあつらえ向きですね!笑

実を言いますと私、コロナになってからほとんどお小遣いを使ってこなかったんですよね。

折角だしこのタイミングで前々から買おうかなと思っていたカテゴリーの商品を探してみるのも一興です。

どうせならブラックフライデー開催期間中である24日までの間に、良いものがあれば購入したいところですね!

さんぱっち

でも通販って探しているうちに面倒になって買い物やめるんだよなぁ。

え?!

毎月なんか買ってます……。

妻ちゃん

財布の紐を緩めすぎないよう、注意したいところです!

【追記】

「楽天経済圏へ移行していく話②」を更新しました。

https://sampatchi.com/rakuten-migration2/

広告



-お金の話
-, , ,

© 2022 さんぱちメモ