広告



ネット回線

【騙されないために】ネット回線の代理店とは?乗り換え時の注意点【初心者向け】

2021年3月14日

どうも、さんぱっちです。

インターネット回線の乗り換えを検討しているとこんな疑問が湧いてくることはありませんか?

同じソフトバンク光でもアクセスしたページによって割引の金額とか特典が違うんですけど……。

インターネットの事情に疎い方(特にご年配の方)は混乱することが多いのではないでしょうか。

そしていくつかのサイトを見て、ぱっと見で一番お得そうなサイトから申し込んでしまう……このような方も決して少なくはないはずです。

どうせ乗り換えるなら一番条件が良さそうなところで乗り換えたいですもんね、その気持ちわかります。

ですがこの代理店での契約、キャッシュバックがお得になればなるほど危険な罠になっている可能性が高くなっているんです。

本記事ではそもそも代理店とは何なのかという初歩的なところからお話させていただきますので、ネット回線の乗り換えを不安に思っている方は是非ともご参考にしていただければ幸いです。

さらっと読むだけでも必ず変な代理店と契約してしまう可能性をぐっと下げることができるようになりますよ!

この記事はこんな人におススメ!

  • 代理店が何なのかよく分からない人
  • どこのサイトを見て乗り換えれば良いのか正直分からない人
  • ネットで回線を契約、乗り換えをしたいけど騙されないか不安な人

代理店とは?

分かりやすく言うと回線事業者やプロバイダの代わりに営業を行っている会社です。

特約店とか委託販売業者と名乗る光回線を売る会社も全て代理店です。

例えばソフトバンク光の代理店の場合はソフトバンク光を売る権利を与えられているだけでソフトバンクの関連会社というわけではない形になります。

なので「ソフトバンクだから安心だよね」と言うことにはならないのでお気をつけください。

イメージ的には代理店がソフトバンク光という商品をソフトバンクから仕入れて、私たち顧客に販売しているような感じです。ソフトバンクの店舗がAppleからiPhoneを仕入れて販売しているのと同じです。

妻ちゃん

じゃあ直接ソフトバンクから買えば安いんじゃない??

こんな風に思う方もいらっしゃるかもしれませんが必ずしもそうだとは限りません。

これはなぜかというと代理店は独自のキャンペーンを行っていて、直接ソフトバンク光と契約するより金銭的にお得になる可能性があるからなんですね。

「直接買うより安くなるなんてことあるのかよ~」と疑問に思う方も多いかもしれませんが、実はこういうことは実生活でも良くあることなんです。

一つ例を挙げるとしたらネット通販サイトです。皆さんが何か商品を買おうとした時に「メーカー直販サイト」よりも「楽天市場」や「Amazon」で買った方が安かったり、ポイントがついて実質安いみたいなことを経験したことはありませんか?

ネット回線を代理店経由で契約すると、ほとんどの場合この状況になり得るんですね。

なぜこのようなことになるのか?以下の図をご覧いただけばご理解いただけることと思います!

図のように光回線の代理店というものは契約者を一人ゲットするごとにソフトバンクからマージンという形でお金をもらっていてそれで利益を上げるという仕組みになっています。

代理店としては契約者が増えなければソフトバンクからお金を貰えないため利益を上げられず倒産してしまいますよね。

倒産してしまっては元も子もありません。なので代理店は自分たちが貰えるマージンの一部を公式キャッシュバックに上乗せすることで、なんとか自社経由でソフトバンク光を契約してもらおうとしているんですね。

同じ光回線でもサイトごとにキャンペーンの価格や内容が違うのは、販売している会社ごとに削れる利幅に限界があるからなんです。

「うちはこんなにお得だからうち経由で契約して(買って)ね」

と各社頑張ってしのぎを削っているというわけなんですよ。

「じゃあ代理店ごとにキャンペーンが違うなら一番キャッシュバックが多そうなところにすればいいんだね」

こんな風に思うものだと思いますが、実はそうでもないのがまたややこしいところ。

単純にキャッシュバックキャンペーンなどの金額の大きさに釣られると痛い目を見たりします。

「こんなの嘘じゃん……」みたいなキャンペーンの要件だったり、一度問い合わせをしたら滅茶苦茶営業を仕掛けてきたりする会社もあったりするので、よく見極めて選ぶ必要があります。

怪しい代理店の特徴

ショックな女性

代理店経由での契約で痛い目を見ないよう、怪しい代理店の特徴をまとめました。

誤って契約すると余計なストレスがかかるだけでなく、キャッシュバックを受け取りそびれることが普通にあるので要注意です!

電話営業or訪問営業を行っている

謎の営業

NTT〇〇の〇〇と申します。インターネット回線がお安くできるかもしれないので、点検をさせていただけませんか?

こんな感じの電話が急に自宅にかかってくることはありませんか?

私の職場にはNTTのなんちゃらからよく電話がかかってきますが、コレはネット回線の代理店がカモを捕まえるべく営業の電話を行っている形になります。(コロナ禍の影響か、去年以降弊社への電話の数は爆増しました)

このようなよく知らない人からかかってくる営業の電話はほぼ100%罠です。

世の中の全ての事象に対して言えることなのですが、まったくの他人がいきなりあなたにとって得をする話を運んでくることはほぼ100%あり得ません。

誰彼構わず営業をしているような代理店はWIN-WINや三方良しの考えなどありません。基本的には自分たちだけが得をするために行動しているので注意しましょう。

もしかすると100人に1人はそういう人もいるかもしれませんが、99人は自分だけが得するためにあなたに話を持ってきているのですから、もはや全員が自分をハメようとしていると仮定しておいて排除した方が罠にかからずに済むのではないでしょうか。

そのたった1人のあなたを得させる(かもしれない)人を諦めることで残りの99人のあなたを損させる人を切り捨てられるのなら、リスクとリターンはあっているとは思いませんかね。

他の代理店と比べて異常にお得なキャンペーンをやっている

妻ちゃん

あ、ここの代理店ほかのところより倍くらいキャッシュバックしてくれる!!

こんなものを見つけた時には要注意です。

他社と比較して明らかに相場を逸脱しているお得キャンペーンをやっている場合は嘘である可能性を視野に入れてください。

契約者A

契約から半年後の短い申請期間の間に申請しないともらえなかった!

契約者B

半年後に支払うと言っていたのに一向に振り込まれない……。

こんなことも良く聞く話です。

明らかにお得すぎるキャンペーンをやっている代理店は正直メッチャ怪しいです。

本当によーく調べてください。

キャンペーンの適応要件が難解or手続きが面倒

例えばですが「〇か月後に契約時に受け取ったメール経由でキャンペーンコードを入力してキャッシュバック手続きが必要」みたいな微妙に忘れそう&めんどくさい申請をさせてくる代理店はあまりおススメはできません。

何故あなたに面倒くさい申請をさせてくるかと言うとあなたが忘れるか手続きを間違えるかのどちらかを狙っている可能性が非常に高いからです。

本当に還元する気があるならちょっとした手間で還元させてくれるはずですよね。(しかも比較的早く還元してくれます)

「うわ、コレ間違えそうだし意味はこういうことだよな……?」みたいに不安になる要件が記載されている代理店はやめておきましょう!

ちなみに1回ミスると終わりです!(笑)

フルオプションにしないとお得じゃない

HP記載の還元を受けるためには〇〇に入る必要もあって~

ネット料金以外に+α別の有料サービスに加入しないとダメな場合は、最終的に高くつくので絶対にやめておきましょう。

元々のネット料金が上がったら何の意味もありません。

「ある程度したらオプション解約すれば良いじゃん」とか思っているかもしれませんが多くの人はオプションを外してOKになる頃にはそんなもの忘れています。

と言うかオプション外せるようになった頃にはあなたがキャンペーンで得した金額は月払いが増えたことによって良くてトントンくらいになり、手続きが簡単でキャッシュバックも早いキャンペーンを行っている優良代理店と変わらない金額くらいには落ち着いているはずです。(これでもマシな想定で更に悪い代理店だと普通はマイナスになります)

結局同じ結果に行きつくのなら最初から簡単な方を選んだ方が良くないですか?

怪しい代理店の避け方

前述した怪しい代理店の特徴さえ意識しておけば、おおよその悪い代理店を避けることはできるかと思います。

更に万全を期すのならば、代理店経由で光回線を乗り換える場合は気になる会社の評判は必ずググって調べるようにすれば間違いないです。

ネットで探して出てきたときに「このページが公式かどうか分からない」時はサイトの一番上部を見てください。

代理店ならばそこに「〇〇光代理店(正規取扱店) 株式会社✖✖」みたいなことが書いてあればそれは代理店です。

「代理店名 光回線名 評判 悪い」

こんな感じで調べて酷評されているような会社は避けた方が無難です。

出てくる内容の全てが真実かと言われると、ライバル会社の妨害工作などの可能性もあるため必ずしもそうだとは言い切れません。

ですが悪評の大小はそのままその代理店の良し悪しに直結していることも事実です。

一つの判断材料として、ネットでの評判はよくチェックしておきましょう。

おまけ:罠にはまった実例

先日楽天ひかりに乗り換えた私ですが、時を同じくして会社の同僚(50代後半)も代理店からの営業電話によってネット回線の乗り換えを行っておりました。

キャッシュバック10万円近くあるらしくそこに魅力を感じて申し込みをしたようです。

私がその話を聞いたときには既に開通工事の直前(独立回線からコラボ光回線への乗り換え)だったうえにプライベートのことなので、今更外野が余計なこと言って嫌な気分にさせてもなぁと思い何も言いませんでした……。

工事が済んだ翌日に同僚が回線の様子を話してくれたのですが、今は有線でしか繋げない状態でWi-Fiを飛ばせるようにするには月額1,500円でルーターを借りなければならないから手配したという衝撃の話を聞きました。

そんな馬鹿な話がありますかね……ルーターなんてプロバイダや回線事業者で普通に500円くらいでレンタルしてるじゃないですか。

っていうかわざわざ借りずとも3,000~4,000円くらいで買えばそれで十分です。

さすがにそれはダメだろうと思った私は余っているルーターを同僚にあげることにし速攻でキャンセルさせて、最悪の状況だけは何とか避けるに至りました。

キャッシュバック要件などは余計なお世話かなと思い聞けませんでしたが、彼は悪い代理店のカモにされた可能性が非常に高いような気がしますね……。

まとめ キャンペーンのお得さに釣られてはいけない

いかがでしたでしょうか。

代理店とは何ぞやと言うことと、怪しい代理店の特徴が少しでも理解頂けていれば嬉しいです。

「よーし乗り換えるぞ」と思ってネットで検索を掛けると、ついついキャッシュバックが大きいサイトに目が奪われてしまいますよね。

ですが、そのままの文言で受け取ると痛い目に遭う可能性が高いということはご理解いただけたのではないかと思います。

ネット回線の代理店でのトラブルは非常に多く、「騙された!」と感じるような事案も多数存在しているのが現実です。

悪質な業者のカモにされないように、最低限の回避方法は覚えておいた方が良いですよ!

比較サイトや広告を鵜呑みにするのではなく一度は自分で、気になる会社は調べる癖をつけて自分のお金は自分で守っていきましょう!

あれ?知らない番号からかかってきてる。

妻ちゃん
さんぱっち

ちょっと番号調べるから貸して。
……これは、ネット回線の代理店だ。
出るわ。(ピッ)

えースマホにもかかってくるんだねぇ。

妻ちゃん
さんぱっち

もしもし。
いらないです。(ピッ)

知らない番号は出る前にはググると安心です!

こちらもCHECK

【ネット回線を乗り換えたい人必見】光コラボ回線とは何なのか?【超初心者向け】

どうも、さんぱっちです。 先日ソフトバンク光から楽天ひかりに乗り換えた者です。 ...

続きを見る

広告



-ネット回線
-

© 2022 さんぱちメモ