広告



ネット回線

【超初心者向け】光回線の目的別おススメ会社と代理店をご紹介!【代理店を選ぶときのポイントも解説】

2021年5月23日

どうも、さんぱっちです。

固定費を下げるにあたって一役買ってくれる光回線。それを今から乗り換えようかなと検討している方の中でこんな疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか?

乗り換えたい人A

結局何をどう選べばよいか分からない……

乗り換えたい人B

やっぱり速度?キャッシュバック?どこを重視すべき?

インターネット回線の選び方がそもそもよく分からないだけじゃなく、乗り換えようと思った時に調べると色々なサイトが出てきてそれぞれキャッシュバック金額が違ったりしていて更にハテナですよね。

光回線自体がなんなのかよく分からないのに流通経路も複雑で調べていているうちにマジで嫌になります。

「もうめんどくさいから今度でいいや……」

「よく分からないから一番上に出てきたここでいいや」

こんなことになりがちなのが光回線(インターネット回線)というやつですね。

以前当ブログで「光回線の代理店を選ぶ際は気を付けなければならないポイントがある」という話を記事にしました。

【騙されないために】ネット回線の代理店とは?乗り換え時の注意点【初心者向け】

その際に胡散臭い代理店の特徴と回避方法は一通りお伝えしましたが、結局どこが良さそうなのかにはあえて触れませんでした。

本記事はそんなあえて触れなかった部分に関しても軽く触りつつ、目的別のおススメの手段に関していくつかピックアップしていこうかと思います!

あなたがネット回線を選ぶうえでの参考になればと思いますので、是非ともご覧ください!

こんな人におススメ!

ネット回線の乗り換え、新規契約時の目的別おススメ手段を知りたい方!

光回線の契約の仕組み

光
光回線のイメージ

光回線の契約方法は下記の二通りあります。

光回線の契約方法

  1. 「提供会社→個人」の流れで直接契約をする
  2. 「提供会社→代理店→個人」の流れで間に代理店を挟んで契約する

この二つの手段があり、どちらかを選択する形になります。

代理店というのは「契約1件につき〇〇万円」という報酬体系で提供会社の代わりに光回線を販売している会社ですね。

「直接契約ができるならそっちの方が安いんじゃないの?」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、必ずしもそうだと言えないのが光回線業界の難しいところです。

光回線の乗り換えや開通をするときはだいたい「最大〇〇万円キャッシュバック」的な文言を目にすることになるかと思います。

このキャッシュバックには公式が行っているものと代理店が行っているものの二つがあるんですね。

「公式のキャンペーンに代理店が勝てるわけないだろ~」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが実はそんなことありません!

代理店は公式のキャンペーン+代理店独自のキャンペーンを行っていることが多いため、公式から直接契約するより基本的には安くなりがちなんですね。

なんで公式は代理店よりキャッシュバックを増やして直販を一番安くしないの?

このような疑問が湧いてくる方もいらっしゃることでしょう。確かに、ごもっともな話ですね。

なぜ今のような状態になっているのかというと、光回線会社の提供企業は「自分たちだけだと販売できる場所に限界もあるしライバルも多いため、代理店にお金を払ってでも販売経路を増やしたい」といった思惑があります。

一つ契約が増えれば基本的には恒久的に月額使用料を貰えるわけですから、代理店にインセンティブを支払っても個人に長く継続してもらえればお釣りが来ますからね。

このようなことから考えるとわざわざ代理店を敵に回すようなことはしたくないというのが主な理由なのではないかなと思います。(※個人的見解です)

乗り換え&新規開通ならどこ?おススメの回線と代理店

契約の仕組みから考えると基本的には代理店を経由して契約した方が良いことはご理解いただけたかと思います。

ただしネット回線は種類だけでなく代理店の数も非常に多く、いったいどれを選んでよいのか分からないですよね。

いざ〇〇光にしようと思ってキャッシュバックに釣られて代理店を選んだ結果、結局貰えなかったりということが頻発するのがこの光回線業界。闇が深い。

そこで本日はお金にうるさい私が独自に調べた「目的別のおススメの光回線×初心者でも受け取りが簡単な代理店」をセットでご紹介いたします!

注意!

ここから先のおススメ光回線はスマホとのセット割を一切考慮していません!

3大キャリアをご利用中の方はひょっとすると光回線のセット割を利用しておりスマホ代が安くなっている可能性があるため乗り換え前に一度確認しましょう。

1.とにかく速度重視(ゲームとかで使いまくる人や持ち家の人ver.)→NURO光、auひかりといった独自回線を選択!

よくオンラインゲームをしたり、高画質での映画やアニメの視聴、動画のダウンロードを行う人におススメなのは独自回線を持つauひかりとNURO光になります。

光回線にはNURO光やauひかりといった独自回線のものと、ソフトバンク光や楽天ひかりといったフレッツ光コラボ回線の2種類があります。

この両者の違いを簡潔に言うとこんな感じです。

独自回線とコラボ回線の違いとは?

  • 独自回線の会社:自前の回線を持っていてそれを使ってインターネットを提供している
  • フレッツ光コラボ回線の会社:フレッツ光が持っている回線を借りてインターネットを提供している

つまりフレッツ光コラボ回線は独自回線よりも利用者が多いため混雑しやすい=速度が出にくいということなんですね。

と言ってもまぁ「普通にネット使いますね」みたいな人だとほとんどの場合フレッツ光コラボ回線でも困らないかとは思いますが……。楽天ひかりを利用中の私も困っていませんしね。

もう少し詳しい話は過去の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はそちらもご覧いただければ幸いです。

【超初心者向け】光回線の速度の仕組みを解説!【速い?遅い?その理由とは】

さて上記のような理由から「速度重視の方」におススメしたいのは独自回線の有名どころであるNURO光とauひかりとなるわけです。

それぞれの特徴とおススメの申し込み先を解説していきます。

【※その前に注意事項※】

この独自回線なのですがマンションなどの集合住宅向け料金プランは「〇〇光forマンション」みたいなプランがありNURO光だとメッチャ安かったりするのですが、これを使うには建物自体に「〇〇光forマンション」の設備が導入されている(これから導入する)必要があるため、ハードルが非常に高いです。

特にマンションの場合、導入するとなると管理組合に話を上げて~とかいう話になるので、もともと導入されていないマンションの場合はかなりキツイでしょう。

「うちのマンションはどうなんだろう?」

このように思う方は公式サイトで番地などを入力すればだいたい調べることができますので、ぜひご自身で調べてみてください!

なおマンションプランが使えない建物でも戸建てプランで申し込むことが可能なケースはありますが、戸建てと同じ料金を払うことになり割高になるからイマイチです。

独自回線の利用は戸建て、もしくはマンションプランが既に導入されている物件ならOKくらいのつもりで考えた方が複雑ではないので覚えておきましょう!

NURO光

独自回線と言ったらまずコイツ。爆速と話題のNURO 光ですね!!

圧倒的な速度を誇る(らしい)NURO光は契約代理店も存在するようですが、公式からのキャンペーン特典が一番手厚いという珍しいタイプの光回線ですね。

 

出典:NURO光公式サイト

NURO光のポイント

  • 料金プラン:5,200円
  • 公式キャンペーン1:45,000円キャッシュバック
  • 公式キャンペーン2:1年間月額使用料980円

NURO光の大型キャンペーンいくつかあるのですが、その中のうちの1つしか基本使えません。今回は主に選ばれるであろう2つのものをピックアップしました。(工事費無料とは併用可です)

キャンペーン2の方がお得ですかね。ちなみにこのキャンペーン2はNUROでんきと併用することで月額0円にアップグレードすることもできます。

「NUROでんきが高いんじゃね?」

と思う方もいらっしゃるかと思いますが、これは利用状況によって変わってくるためケースバイケースです。

電気料金とネットの基本料金はスマホ料金みたいに「ここが絶対的に安くて圧倒的」といったことはなく、どれもどんぐりの背比べレベルなので些末な問題でしょう。

ちなみにNURO光は利用可能な都道府県が結構限定的です。

こちらのエリアに該当していても立地条件的に導入できないケースもあります。

とにもかくにも興味あるなぁという方は一度調べてみましょう!

NURO光

auひかり

皆さんご存じ、KDDIが提供している光回線サービスが【auひかり】 です。

こちらの光回線代理店の中では超優良代理店の筆頭であるNNコミュニケーションズを経由して申し込むのが間違いないですね!

出典:株式会社NNコミュニケーションズ

auひかりのポイント

  • 料金プラン:初年度5,610円(2年目から5,500円、3年目以降は5,390円)
  • 代理店キャンペーン:27,000円キャッシュバック(ネットのみなら20,000円)
  • プロバイダキャンペーン:25,000円のキャッシュバック(@nifty,BIGLOBE,so-netを選んだ場合)
  • 公式キャンペーン1:25,000円(乗り換えで違約金が発生した場合+30,000円まで増える)
  • 公式キャンペーン2:41,250円割引(工事などの初期費用を月額料金から割引)

多くてよく分からん(笑)

料金プランは最も無難なタイプのもの、ホーム1ギガを当記事では選んで掲載しています。

ホーム5ギガとか10ギガとか「更に速い!」みたいなものもありますがぶっちゃけコレで十分です。もしもっと加速させたい……と思ったらそこから変えればOK。

auひかりは縛り期間もいくつかの選択肢から選べますが、基本的に違約金を払う羽目になっても月額料金が最も安くなるであろう3年縛りのものを選ぶのが結果的に割安で利用することができるケースが多いので3年縛りプランを選ぶのがベターだと判断しその料金を載せています。

プロバイダキャンペーンについてメッチャ噛み砕いていうと……auひかりの場合ネット回線を開通するときにプロバイダ(光回線につなげる窓口)を選択できるようになっておりまして。

何社か選択肢があるのですが、このプロバイダというものが独自で「うちを選んでくれたら更に割引するよ」と頑張ってくれているというわけですね。

プロバイダの違いは「なんか変わるの?」という方にとってはほぼ変わらないと思って差し支えないので、ここでは割愛させていただきます。

auひかり公式のキャンペーンも非常に手厚いので、もう終の棲家でauひかりを導入しようと思っている戸建てにお住まいの方には特におススメなのがこちらの選択肢ですね。

しかも今回のおススメ窓口として選んだNNコミュニケーションズ。キャッシュバック実績の高さは業界No.1なので安心して代理店独自キャンペーンも受け取ることができてしまうんです。

NNコミュニケーションズのここがスゴイ!

  • KDDIから12期連続で表彰され続けている優良代理店
  • オプションに加入する必要がない
  • キャッシュバックが電話一本で終わる
  • キャッシュバックの振り込みまでが早い(最短で1か月後)

このようにキャッシュバック方法や要件が難解ではなく、お年寄りにもできるんじゃないかレベルで単純なため今回おススメさせていただきましたというわけですね。

優良代理店の筆頭に上がるNNコミュニケーションズ。auひかりをご検討の際は是非とも視野に入れてみてください!

開通から最短1ヶ月の早さで特典還元!auひかりキャンペーン

ちなみにauひかりにも提供エリア外の都道府県が存在します。

NURO光ほどエリアが狭くないため一覧にして記載しますが、下記のエリアだとauひかりは加入できないと思ってください!

auひかりに加入できない都道府県

  • 中部地方:静岡、愛知、岐阜、三重
  • 関西地方:大阪、京都、兵庫、和歌山、奈良、滋賀
  • 沖縄地方:沖縄

大阪、京都が入っていないのは意外だと思ったかもしれませんが、関西エリアだとeo光という独自回線の強い会社が存在しているのでauひかりが攻めあぐねているのでしょう。

東海エリアも実は同様の理由でコミファ光という独自回線の強い会社が存在していたりしますが、長くなるのでここでは割愛させてもらいますね……。

2.安定した光回線をお得に導入したい(それなりに使う人や賃貸の人ver.)→楽天ひかりなどの光コラボ回線を選択!

「速度はそこまで求めないけど普通にインターネットを普段使いしてるよ」

そんなあなたにおススメなのはフレッツ光コラボ回線になります。

なぜ独自回線でなく光コラボ回線がおススメなのかというと「光コラボ回線は他の光コラボ回線の乗り換える際に工事が不要で簡単」だからです。

独自回線はその名の通り、その会社しか使えない独自の回線になります。

そこから別の会社の回線に乗り換えようとすると、同じ回線をそのまま使うことができないので新たな光回線のルートを作るために工事が必要になるというのは何となく分かりますよね。

対してフレッツ光コラボ回線の場合はフレッツ光の回線を借りているだけなので同じように借りている会社には工事不要で乗り換えることができます。

「いや一回光回線入ったら乗り換えないでしょ?なら独自回線の方が早くて良いじゃん」

このように思っている方は考えが甘いですね!

昨今の光回線というのは「他社からの乗り換えを行うことで〇〇万円キャッシュバック」とか「1年間無料」とか様々なお得なサービスを提供しています。

これを上手に使いまわすことで固定費を大幅に下げることができるのですから、使わない手はないでしょう!

ネット回線の更新月(2年または3年に1回)ごとに光回線を乗り換えて行けば、お得に利用できてしまうわけです。

その時乗り換える際、もしあなたが使っているのが独自回線の場合、基本的には新たに回線工事料がかかってしまうことになります。

フレッツ光コラボ回線を使っておけば独自回線に乗り換えない限りは工事が発生しないため、よりお得にサービスを享受することが可能になってくるんですね。

ちなみに賃貸に独自回線を求めるのは非常に難易度が高いため、賃貸の方は基本的にはフレッツ光コラボ回線一択です。(※借りている物件が「NURO光入ってます!」みたいな場合は除く)

そんなフレッツ光コラボ回線ですが、まず初心者におススメできるのは楽天ひかり、ソフトバンク光の2社になります。

それぞれの特徴とおススメの申し込み先を解説いたします。

楽天ひかり

楽天ひかりは皆さんご存じ、楽天が提供するインターネット光回線サービスになります。

楽天ひかりは代理店契約をしている会社がないため、公式から申し込むしか方法がありません。

出典:楽天ひかり公式サイト

楽天ひかりのポイント

  • マンションプラン:月額基本料4,180円
  • 戸建てプラン:月額基本料5,280円
  • 公式キャンペーン:楽天モバイルとセットで1年間基本料無料(※セットじゃなければ1年間2,000円割引)

このような形でキャッシュバックこそありませんが、楽天モバイルを所持しているor一緒に申し込みを行うと1年間月額使用料が無料になります。

マンションなら50,160円、戸建てなら63,360円が無料になるという破格のキャンペーンです。

しかも面倒な手続きは一切必要なし。申し込みすれば確定なのでネットに疎い方でも安心してお得な割引を享受することができる点もポイントですね。

「楽天モバイルも申し込まなきゃならないのかぁ」

こんな風に思う方もいるかもしれませんが楽天モバイルは1GBまでの利用なら月額0円とめちゃくちゃ安いです。しかも楽天ハンドや楽天ミニのような0~1円端末も用意されていますので、これを選べば実質無料みたいなもの。

「楽天モバイルと同時契約して0円でお得に使うのもアリかな……?」

このように思った方はおススメの利用方法を記事にしていますので、そちらもぜひ参考にしていただけると嬉しいです!

こちらもCHECK

楽天モバイル×楽天ひかりで0円運用は私も2021年5月現在実践しており、特に問題なく利用できていますので声を大にしておススメできる組み合わせですよ!

ソフトバンク光

「楽天はちょっとなぁ……」

こんな風に思う方にもう一つ、私がおススメするのだとしたら【SoftBank光】になります。 

代理店はエヌズカンパニーを経由するのがベストですね!

出典:株式会社エヌズカンパニー

ソフトバンク光のポイント

  • マンションプラン:月額基本料4,180円
  • 戸建てプラン:月額基本料5,720円
  • 公式キャンペーン:回線工事費最大24,000円キャッシュバック
  • 代理店キャンペーン:新規加入36,000円キャッシュバック(乗り換えなら15,000円キャッシュバック)など

ソフトバンク公式は乗り換え時の違約金や光回線の開通工事費を実質無料にしてくれるキャンペーンをやっています。

エヌズカンパニーがそれに更に+でキャッシュバックを独自に行っている形になりますね。

なぜこのエヌズカンパニーをおススメするのかというと理由は4つ挙げられます。

エヌズカンパニーのここがスゴイ!

  • softbankから何年にもわたり表彰され続けている優良代理店
  • オプションに加入する必要がない
  • キャッシュバックが電話一本で終わる
  • キャッシュバックの振り込みまでが早い(目安は開通した翌々月末)

こちらもauひかりの代理店と同じ理由ですね。

やはり多くの人にとって簡単で手間を少なくしてキャッシュバックしてくれるというのは大事です!

まとめ 乗り換え時に気を付ける点を覚えておこう!

いかがでしたでしょうか?

あなたが光回線を乗り換える際の参考になっていれば嬉しいです!

代理店を選ぶときの考え方はもう十分にご理解いただけたかとは思いますが、最後にもう一度だけまとめますね。

優良代理店の特徴

  • 大元の会社から表彰を受けている
  • キャッシュバックを受けるためにオプションに加入する必要がない
  • キャッシュバックが光回線加入後すぐに電話一本で終わるような簡単さ
  • キャッシュバックの振り込みまでが2カ月程度と短い

私が上記で紹介した光回線以外のものを契約する際、代理店を経由するときはこのことを意識して選ぶようにすればまず間違いないです。

ネット周りに疎い方は4点すべて揃ってる代理店を選ぶのが一番だと思いますが、少しは分かっているという方は自分の理解度を差し引いたうえで更にお得に貰えそうなものを選択してみても良いのではないかなと。

一度自分の理解度と相談し、よく考えてから申し込み先を決めていきましょう!

広告



-ネット回線
-

© 2022 さんぱちメモ